2005年08月12日

夏の経済学

暑くて寝られないのと、エアコンを使って就寝して怠いの、
どっちがイヤかというと、寝られないことのほうがイヤ。
多少の怠さは若さでカバー(?)してきたのだが…。

数年前、怠いほうがイヤ!と思うようになり、
そのころテレビで紹介された家に風を通すコツを試してみると、
案外、涼しく、寝られるもんだということに気づいた。

それで、夏はエアコンをほとんど使わない(ちなみに、冬も使わない)
生活になっていたのだけれど…。

去年の猛暑でめげました。
顕著に現れているのが電気代。

 2002年 8月支払い分:2,327円 9月支払い分:2,594円
 2003年 8月支払い分:2,952円 9月支払い分:2,622円
 2004年 8月支払い分:3,619円 9月支払い分:4,660円
 2005年 8月請求分 :4,222円

右肩上がりだ(汗)。

なお、競技場の定期会員になったら、ガス代が減った(笑)。


※冬もエアコンを使わないのは、ガスストーブがあるため。
 エアコンが一番活躍するのは、梅雨時の除湿である。


posted by けーぜ at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
電気代、安いですね。うちは夏は8000円くらいは使っています。昼間にいるから、仕方ないか…。

寝るときは消すけど、昼間はほとんどエアコンつけっぱなし。
Posted by meka at 2005年08月12日 23:41
>mekaさん

聞いている話から判断して、うちのほうが狭いです(笑)。

フリーで仕事をしていた2002年と2003年は、
6月下旬からお盆くらいまで、仕事先に出向き、
昼間(夜も?)家にいませんでした。

去年の7月は外で仕事をしていたけれど、
8月は中旬から失業してましたから(汗)。
それが、9月の支払額に反映されているような…(^^;;)。

そうすると、単純に比較できませんね(滝汗)。
Posted by at 2005年08月13日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック