2005年06月19日

梅仕事

「梅仕事」
穏やかで優しい言葉である。

今年は梅酒を漬けようと思っていた。
築地の八百屋で梅を見たので、買っていくことにした。
でも、買い物を予定していたわけではないので、
分量がよくわからない。
八百屋のおばさんに聞くと、基本は梅と焼酎と氷砂糖が同量、
最近は氷砂糖を少なめにする人が多い、と言う。

なるほど。
焼酎1.8リットルに梅が2キロあれば足りるのか(違)。

家に戻り、ネットで調べて、自分の誤りに気が付いた。
梅1キロに対し焼酎1升なのだ。

せっかくだから、1キロずつ、ホワイトリカーと違うお酒で
漬けてみることにした。

梅酒は一般的に35度以上のアルコールで漬けるが、
酒屋で聞くと、気にする必要はないとのこと。
黒糖焼酎か泡盛がいいのではないか、と言うので、
値段が手ごろでアルコール度数が高めのものにする。

awamori.gif

泡盛「瑞泉」、30度。
撮影地は北沢川緑道。

傷のついた梅を外し、氷砂糖はそれぞれひとつかみ。
甘みは後から足すこともできるので、最低限にした。
ホワイトリカーだと3カ月くらいから飲めるけど、
アルコール度数が低い泡盛は1年は熟成させたほうがよさそう。

省いた梅は痛んだ部分を取り除いてジャムにした。
Lサイズの梅14個で、200cc程度のビンいっぱいになった。


ところで、思わぬものが出てきた。
前に使ったビンがあるはずと、戸棚から引っ張り出したら、
空ビンではなかったのだ。
日付は「平成11年6月12日」になっていた(ニヤリ)。


posted by けーぜ at 19:26 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おお、6年ものの梅酒ですね〜。

アルコール度数が低いと、長く漬ければいいですね。私は17度くらいの紹興酒で漬けてます。でも、最近あまり飲まなくて、まだたくさん残っているから、今年は漬けないつもり。

糖分が少ない辛口の梅酒は、やはり長期間漬ける必要があるそうです。恐らく浸透圧の関係でしょう。私が前に買った本では、ほとんど氷砂糖を入れないのなら、3年漬けた方がいいと書いてありました。
Posted by meka at 2005年06月19日 20:28
>めかさん

ネットで30度の泡盛で漬けた例があって、そこに1年とありました。
氷砂糖も少ないから、もっと時間がかかるってことかぁ…。
アルコール度数が低いと、保存にも気を付けないといけないみたいです。
Posted by けーぜ at 2005年06月19日 21:05
梅仕事?当地では梅の選定やら消毒の真っ最中。
裏山ランニングコースにはこぼれた梅が甘酸っぱいにおいを放っております。
梅酒は本当に健康的でおいちぃっすね。

筑波では梅エイド、希望っす♪
って、今年は寝坊しないか(ぷ
Posted by 某氏 at 2005年06月20日 09:14
>とら某さん

ほっほぉー、フルの途中で梅酒を呑みたいと。
でもね、今年はちゃんと起きて、ちゃんと走ります。
たぶん…、ね。

Posted by けーぜ at 2005年06月20日 23:39
>日付は「平成11年6月12日」になっていた(涎)。
Posted by ふー氏 at 2005年06月21日 08:27
けーぜさん 今日は たけしたです。
梅仕事 今年は 色々ばたばたしてて なにもせずじまい。
うーん 去年は 梅酒 甘露煮 などしてたのですがぁ。でも 在庫はありますぅ(笑)

やっぱり ホワイトリカーが好き

ではでは
Posted by たけした at 2005年06月21日 11:32
まあ、いつが飲み頃かは、本人次第ですからね。

スイカに梅酒を持って行こうかな。
Posted by meka at 2005年06月21日 16:21
うちにも、いつからあるのかわからない梅酒があります。
今日、極上のコップを仕入れてきたので、飲んでみることにしましょう。

それにしても、あの一升瓶持って、緑道へお出かけですか。
Posted by まりも at 2005年06月21日 16:58
>Who is ふー氏?

テンテンを忘れていませんか?
平成11年というと1999年、20世紀だったのかぁ。
あの頃は毎週バイクで遊んでいたっけ…。
(今とたいして変わらない?)

>たけしたさん

甘露煮もいいですねぇ。さすが料理人(違)。
ワタシも毎年やると在庫が増える一方になりそうです。
っていうかぁ、2升分、飲み切れるのだろうか(不安←杞憂?)

>めかさん

ちびりちびりと味見をするのも楽しみなのかも。
20代前半のころ、実家の台所床下収納庫から、
ワタシの小学校入学年の梅酒が発掘されました。
十数年モノ。
さすがに旨かった覚えがあります。

>まりもさん

極上のコップで、年代物の梅酒のお味はいかがでしたか?
なお、一升瓶を持って緑道へ出かけたのではないです(^^;;;)。
ママチャリで品揃えが豊富な酒屋へ出かけ、その帰り道であります。
Posted by けーぜ at 2005年06月22日 21:37
久しぶりです。うちのほうへきてくれてありがとう。
私は今年高知の山でとれた梅で梅シロップつけました。
ひょっとして、真夏の整備中の渇きを癒すのとか、キャメルバック用にいいんじゃないかと思って。
もうすぐ味見できそうです。
Posted by よーこち at 2005年06月26日 22:43
>よーこち

こちらこそ、来ていただいて、ありがとう!
すっかりご無沙汰しております。

ウチのDRは見事な整備不良ぶりです。
梅シロップ飲みながら、整備するのもいーなー、
って、不動車じゃ、持ち込めないっすね(涙)。
宴るときには、アンヨで走っていきます
(ウチからじゃなくて、どこかの駅から)から、
声を書けてくださいまし!
Posted by けーぜ at 2005年06月28日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック