2007年02月14日

ガーニー通り(Persiaran Gurney)のラン

1月17日午前7時01分.jpg
ペナンの朝は暗い。

マレーシアの時差はマイナス1時間。
ペナン島は東経100度付近、東京は140度くらいで、日本の標準時である明石は135度。
単純計算すれば、経度15度で1時間の時差になるので、東京とペナンの太陽の傾きは3時間近くあることになる。

だから、日本の朝8時はペナンの朝7時だが、太陽の傾きで考えるなら東京の5時から5時半といったカンジになる。
真っ暗なのはあたりまえだ。
1月中旬の日の出は7時10分くらい。
写真は1月17日の午前7時01分の風景(クリックすると大きくなります)。


滞在中、日の出よりも1時間も早い、6時10分ごろに叩き起こされていた。
街中に響き渡る放送のボリュームは、日本の夕方5時に流れる「夕焼けこやけ」の比ではない。
モスクなどにスピーカーが設置されていて、お祈りが流れるのだ。
(帰国後、お祈りの時間が始まるお知らせであるという説を聞いたが、どちらが正しいかわからない)
(当然、1日5回この放送がある)


滞在先の主は7時過ぎに出かけていく。
ちょうど、日が昇るくらいの時間だ。
日本の9時始業に合わせて、マレーシアのオフィスは8時始まりなんだそうだ。
ワタシも6時半頃から顔を洗い、着替え、水分補給をしてから、軽くストレッチをする。
主と一緒にエレベータを降り、「いってらっしゃい」と言って別れ、コンドミニアムの入り口のガードマンに「グッモーニン」と挨拶をする。

この時期は乾季。
日中は30度近くになっていたが、カラリとしていて日影は涼しくて東京の夏より快適。
とはいえ、日差しは凶暴だった。
やるなら、日の出直後しかない。


旅行前、U夫妻に「ジョギングができるところ、ある?」と聞いたら、2つの場所を勧められた。
ひとつは、彼らのコンドミニアムから近いガーニー通り。
もうひとつは、車でないと行けないが、園内は車が入らない植物園(Botanical Gardens)。

ペナン島は横断者用の信号が少ない上に、歩道の整備状態が悪い。
歩道が突然なくなったり、段差があったりする。
半島を臨む海沿いのガーニー通りは約2キロで、正式な名称はPersiaran Gurney。
Persiaranはマレー語で観光という意味だけあって、歩道が整備されているだけではなく、ところどころにベンチまで設置されている。


ガーニー通り1.jpg
通り沿いのホッカー(屋台)も朝食の営業が始まっているためか、人出は多い。
そのほとんどはチャイニーズで、インド系と白人が若干。
マレーシア全土だとチャイニーズは約3割だが、ペナン島に限ると約6割なのだそうだ。

走ったのは1月17日と18日だけだが、2日間で見かけたランナーは10人ちょっと。
おじさんランナーのフォームはスマートとは言い難く、身体を大きくゆらし、顔を真っ赤にして、汗だくで走っていた。
女性ランナーは初日に白人、二日目にチャイニーズのふたりだけで、いずれも若く(若そうに見えた)、颯爽としていた。

ウォーカーにしろランナーにしろ、おじさんはウエアに頓着がない。
襟ぐりの伸びたランニングとか、中途半端にボタンを外してだらしがない印象のポロシャツとかで、どこの国もオヤジはオヤジだ(意味不明)。
若い女性は、スポーツブランドのウエアでクールな雰囲気。
おばさんたちは普段着だ。
だからインド系の女性はサリーだったりする。

この道をコンドミニアムから往復すると4.5キロくらい。
気温は上がっていないし、湿度は低いので気持ちがいい。
写真を撮りながら約40分、のんびりラン。


8時頃にU家に戻り、シャワーを浴び、朝食、幼稚園に出かけていく子どもたちを見送って、我々も出かける。



posted by けーぜ at 00:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 2007ペナン旅行記
この記事へのコメント
いいね〜。
旅先でもJOG。
旅先だからこそJOG。
朝の空気を知ってこそ、その街を知ったことになる。これ持論です。
今日はありがとね〜。
Posted by TEI at 2007年02月14日 22:59
絵葉書のような写真ですね。キレイだわ。
放送にも驚きました。向こうでも走ったんだね。海外のレースいつか出てみたいです。
Posted by まっちん at 2007年02月16日 00:04
>TEIねーさん

呑むのに散財していて、旅って最近ほとんどしてなかったりして(汗)。
でも、旅スイッチが入りました(笑)。


>まっちん

出てみたい海外レース。
その1、ニューヨークシティマラソン。
その2、イスタンブールマラソン。

友達が遠征した話でビックリした海外レース。
その1、ジンバブエマラソン(どこ?)。
その2、第1回モルジブマラソン、10位入賞、賞金1000ドル。
同一人物、女性です。

どれか、ご一緒しましょう(謎笑)。
Posted by けーぜ at 2007年02月16日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。